オーバーホール/修理受付フォーム


以下、必要事項ご入力の上「入力内容確認ボタン」を押してご確認後送信下さいませ。

2024年より一般の方からのオーバーホール/修理ご依頼をスタートします。
但し、承る際のスタンスは今までと変わりません。プロのカメラ店様や修理
専門会社様宛にご依頼されたほうが良いとの判定時は、ご依頼をご辞退する
ことがありますので、ご留意下さいませ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   現在の待ち本数は2本増えて5本につき、約1ヶ月待ちです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

オークションなど市場流通品を手に入れた場合や、当方で今までにオーバー
ホール/修理した個体、或いは過去にオーバーホール済で当方がヤフオク! に
出品した個体など、不具合の発生、或いは新規のオーバーホールに関し、
以下フォームにご入力のうえ送信下さいませ。
折り返し当方より2日以内にご返事申し上げます (当方所在地:茨城県)。

※ 2024年1月1日付で、オーバーホール/修理の料金体系を改定しています (一部作業を
値上げしています)。また今までの1個体平均ご請求金額は「凡そ23,000円~32,000円」
に集中しています (金額が分かれる理由は難度の相違によります)。

※ 以下フォームのオーバーホール/修理ご依頼を入力される際は、特にご依頼の内容
今までご使用頂き気になっていた点操作時の感触の印象、或いは既に一般整備会社
に問い合わせして断られてしまった不具合の内容など、率直なご意見や感想、或いは
期待感をお知らせ下さいませ。
オーバーホール作業時の各工程に於いては、そのような些細な事柄のほうがむしろ重要
だったりします
完全解体して組み上げるオーバーホール/修理であるが故に、細かい配慮にまで気を回す
ことが適うので、是非ご遠慮なくお知らせ下さいませ。そのほうが概算見積の内容や
金額面もより具体性が増し、適切にご案内ができます。

※ 現在、大凡の納期はオーバーホール/修理ご依頼受付後「1ヶ月待ちです。

《 注 意 事 項 》❶
現在、当方契約レンタルサーバーにて「gmail宛メール送信がエラーになる」現象が2月から続いています (gmailからの受信は正常です)。
これはgmail側が「なりすましメール」対策で厳しくなった為ですが、当方
によるサーバー設定ができず、対処できていません。
サーバー契約会社ではサポートしておらず、契約者本人による設定変更しか
行うことができません。しかし残念ながら当方はインターネットの知識が
なく、自分のチカラでは一切対処できません
。他のレンタルサーバー会社へ
の移転も考えましたが、他社でも同様で契約者本人による設定しか対応を
してくれません(涙)

このような事情ですので、できましたら「gmail 以外のメールアドレス
をご利用頂けると助かります。
勝手を申し上げ、大変申し訳ございません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

年齢的に全く知識がない中で数時間をかけ調べまくって、何とか送信できるよう改善を
頑張っていますが、あまりにも精神的に辛すぎるので、できるだけ「gmail以外のメール
アドレス」
をご利用頂けるよう、何卒お願い申し上げます。

《 注 意 事 項 》❷
当方宛オーバーホール/修理ご依頼を頂くオールドレンズの個体が到着する前に
既に「光学硝子レンズの研磨整備」などを実施していた場合、研磨後に蒸着
されるコーティング層が薄膜の為に、当方で光学系内の清掃を試みただけで
全剥離してしまう「ノンコーティング状態」に戻ってしまう現象が、今までに
複数発生しています。

当方でオールドレンズを完全解体した際に取り出した光学系の光学硝子レンズ
を凝視しても、その事実を知らされていなかった場合には、コーティング層の
再蒸着を把握する事は不可能です (人の目で見て判定できるレベルではない)。
さらに単に光学硝子レンズを清掃しただけで蒸着コーティング層が剥離して
しまうかどうかの判定も事前にできません (そのような蒸着コーティング層は
蒸着レベルが弱いとみています/アクロマチックコーティングに似ています)

当方の認識では、一般的なオールドレンズ同様に蒸着したコーティング層は
決して清掃しただけでは全剥離しない (ノンコーティング状態に戻らない)
と捉えています。もちろんそうは言っても、オールドレンズ黎明期の初期の頃
のモデルには、そもそも光学硝子レンズ面にキズがつきやすく、軟らかい光学
設計のモデルも在るのだと思います。

しかしながら、残念なことにそれら「光学硝子レンズの研磨整備」の個体は、
せっかくガラス研磨したのに光学系内の微細な塵/埃/汚れ状が多く、当方で
オーバーホール/修理ご依頼を承っても「清掃せずに戻せない」ほどです(泣)
(当方の基準ではそのような状況を塵/埃/汚れ状が多いと判定しています)

以上より大変申し訳ございませんが、今後は「光学硝子レンズの研磨整備」
個体のオーバーホール/修理ご依頼はお受けせず、ご辞退申し上げますので、
ご了承下さいませ。

・・・ 光学硝子レンズ研磨整備済の個体のご依頼はご辞退します ・・・

  ●               ● 

 返信先メールアドレス: ※必須項目
 
gmail宛への送信はエラーになる事が多くなっています。

 お名前様: ※必須項目

ご住所: ※必須項目

電話番号(連絡先): ※必須項目

 ご依頼内容:希望する作業をお選び下さい ※必須項目

 オールドレンズの状態: ※必須項目
オールドレンズの現状 (本体の状況) をお知らせ下さい。


(正常:現状全く問題無し、不具合あり:調整で正常になると期待、ジャンク:正常に戻らない)

 無限遠位置の状況: (無限遠合焦についての現況をご選択下さい)

 メーカー銘: (例:CARL ZEISS JENA DDR) ※必須項目

 モデル銘: (例:MC FLEKTOGON 35mm/f2.4) ※必須項目

 マウント種別: (例:M42) ※必須項目

製造番号:製造番号を必ず告知下さい  ※必須項目

 希望する距離環のトルク感: ※必須項目 (参考であり調整結果を確約はできません)

 レンズの装着方法: ※必須項目

 入手の経緯: (入手経路をご選択下さい)

 ご依頼の内容: ※必須項目

 参照ページ:入手時のオークションページなど、参照ページがあればご入力下さい
当方ブログ掲載ページを参照しても意味がありません (当方でも見られます)。


 オーバーホール/修理の注意事項 (特約事項)」を読み承知しました:
※必須項目 (チェックを入れて下さい)

 「納期」について承知しました: ※必須項目 (チェックを入れて下さい)

 「同梱するメモ」について承知しました: ※必須項目 (チェックを入れて下さい)
※ 
梱包時の箱に必ず返送先住所 (お名前様/ご住所/電話番号) やモデル名と作業内容を
個別に記載したメモを同梱願います。


《ご依頼受付フォーム送信後の流れ》

当方より2日以内に「概算見積」をご返事します。

返信をお読み頂き、お手数ですが再度「正式依頼」のメール送信をお願い申し上げます。

【 お 願 い 】

当方は修理専門業者ではありません。全てのご連絡はメール授受で行います。
当方メールアドレスが着信するよう迷惑メールの設定などをご確認下さいませ。
(特に@gmail.com/@icloud.com/@hotmail.com等プロバイダーはご留意下さい)

また、返却時は梱包箱の中に「請求書/振込先/作業内容書」等の類を一切同梱しません。
(メールでご請求/作業報告致します)
ご請求代金に係る領収書も発行しません (振込明細を以て代用下さい)。それら対応を
希望される方は、誠に申し訳御座いませんがご依頼頂かぬよう切にお願い申し上げます。
(プロのカメラ店様や修理専門会社様宛ご依頼されることを強くお勧め致します)
※これらの内容は「オーバーホール/修理の注意事項 (特約事項)」でご案内しています。