〓 Carl Zeiss (カールツァイス) 凹 Ultron 50mm/f1.8 Oberkochen(M42)

(以下掲載の写真はクリックすると拡大写真をご覧頂けます)
写真を閉じる際は、写真の外 (グレー部分) をクリックすれば閉じます
※解説とオーバーホール工程で使っている写真は現在ヤフオク! 出品中商品の写真ではありません

今回完璧なオーバーホールが終わって出品するモデルは、旧西ドイツは
Oberkochenに位置するCarl Zeiss製標準レンズ・・・・、
 『凹 Ultron 50mm/f1.8 Oberkochen (M42)』です。


前回は「即決価格89,500円」でアッと言う間にご落札頂きましたが、今回も同様「スカッとクリア!」な光学系に(笑)、距離環を回すトルクの「チョ〜気持ちいい」仕上がりを携えて、且つ極めつけは「⌀52mm径ステップアップリング (別途有償)」までご用意しての出品です。

清水の舞台からの飛び降り・・ありがとう御座います!
きっとご満足頂けると思います・・。
ついでに飛び降りた後、周囲で紅葉狩りもしちゃって下さいませ(笑)

こだわって専用バヨネットのフードやフィルターなどをまた揃える楽しみを味わうのも良し(笑)それではあまりにも気の長い話なので、汎用品を使えるようステップアップリングを手に入れるのも良し、単なる売り切りではなくご落札者様の今後の使い勝手まで考慮しての出品です。

その意味では「即決価格89,500円」は確かに高価すぎる設定ですが、はたしてイザッ手に すればご納得頂けるオーバーホールの仕上がり状態とも言い替えられます。

是非とも清水の舞台から飛び降りてしまって下さいませ(笑) この際GoToを上手く活用して飛び降りる前に紅葉狩りしてからでも良いかも知れませんね。

正直な話、毎回このモデルをオーバーホールしていてその描写性能の素晴らしさに惚れ惚れしています(笑) 確かに無段階式 (実絞り) の絞り環操作だけはちょっと好き嫌いが分かれますが、実のところボケ味がステキなのでむしろシームレスな絞り環の動きに「逆に撮影時の楽しみ感を強く感じる」点に気が付きました(笑)

実際当時の設計時にそこまで配慮して実絞りにしたのか否かは知りませんが、そこまで疑いたくなるくらいこのボケ味が堪りません(笑)

まさにゾッコンの凹ウルトロンです

↑今回出品の個体を完全解体した時のパーツ全景写真です。オーバーホール工程の解説などは「凹 Ultron 50mm/f1.8 Oberkochen (M42)」のページをご参照下さいませ。

ここまで掲載したオーバーホール工程の写真は「全て過去扱い品/個体からの転載」です。オーバーホール済でヤフオク! 出品する際の個体写真とは一部に一致しない場合があります。

DOHヘッダー

ここからはオーバーホールが完了した出品商品の写真になります。

↑今回も完璧なオーバーホールが終わっています。特に光学系の状態が気になるモデルなので、薄クモリやなけなしのコーティング層の経年劣化状況など、せっかくの描写性能を低下させる要素にチョ〜神経質にならざるを得ません! その意味でおいそれと手を出せない気難しさを伴います。

累計扱い本数15本目のヤフオク! 出品2本目と言う個体です。

↑なにしろ歯が浮く言い回しですが(笑)、それでもこのコトバ以外にピッタリな表現がありません。「スカッとクリア!」です(笑) ご覧のように絞り羽根が1枚だけ微かに顔出ししていますが、位置決め環から飛び出ている話ではありません (視界に入ると言うだけのこと)。

絞り羽根がだいぶ油染み痕が多い個体だったので、過去に相当油染みしていた時期があるようです。おそらくその時に絞り羽根が「張力原理」で浮き上がってしまい「キーの変形」を促した為、顔出ししてくるのだと思います。

↑上の写真 (3枚) は、光学系前群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

↑後群側も前群同様にLED光照射してもコーティング層経年劣化に伴う極薄いクモリすら皆無です。

↑上の写真 (3枚) は、光学系後群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

↑3枚撮った写真の1枚目と全く同一の角度で撮っていますが、ご覧のようにほんの僅かに撮影の角度をズラすと赤色矢印のようにコーティング層で剥がれている箇所が点状に浮き上がります。ところが1枚目の写真のとおり視認できない角度もあるワケで、これが「キズなのかコーティング層なのか」の判定基準になります。

ヘアラインキズも含め「光学硝子面が削れてしまった箇所は物理的なキズ」なので、必然的に光学系内を覗き込むと100%必ず視認できます。ところがコーティング層の話になると「見る角度の相違で視認できなくなる」ので、実際光学系内を覗き込んでも100%視認できません。コーティング層のハガレは「光に反射させない限り視認不可能」とも言い替えられますから、それは撮影に一切影響しません (但し剥がれている領域が広い場合はハレーションの出現率が上がる/解像度の低下に繋がる)。

【光学系の状態】(LED光照射で様々な角度から確認)
・コーティング劣化/カビ除去痕等極微細な点キズ
(経年のCO2溶解に拠るコーティング層点状腐食)
前群内:11点、目立つ点キズ:7点
後群内:18点、目立つ点キズ:12点
・コーティング層の経年劣化:前後群あり
・カビ除去痕:あり、カビ:なし
・ヘアラインキズ:あり(前後群内僅か)
(極微細で薄い8ミリ長が数本あります)
・バルサム切れ:なし (貼り合わせレンズなし)
・深く目立つ当てキズ/擦りキズ:なし
・光源透過の汚れ/クモリ (カビ除去痕除く):なし
・その他:光学系内は微細な塵や埃が侵入しているように見えますが清掃しても除去できないCO2の溶解に拠る極微細な点キズやカビ除去痕、或いはコーティング層の経年劣化です。
(LED光照射でも極薄いクモリすら皆無です)
・いずれも全て実写確認で写真への影響ありません。

↑10枚の絞り羽根もキレイになり絞り環共々確実に駆動しています。前述のとおり、今回の個体の絞り羽根は過去の油染み痕が相当残ったままなのでパッと見では汚く見えますが清掃済です。

ここからは鏡胴の写真になりますが、経年の使用感が僅かに感じられるものの当方にて筐体外装の「磨きいれ」を施したので大変落ち着いた美しい仕上がりになっています。「エイジング処理済」なのですぐに酸化/腐食/錆びが生じたりしません。

ちなみに「エイジング処理」は何かの薬剤を吹き付けたりしている処置ではないので、本当に金属面のエイジングを施しています。またヤフオク! を見ていると「抗菌剤」で清潔に磨いていると謳っている出品者が居ますが(笑)、それこそまるっきしヤバい話です!(笑)

抗菌剤」の中に含まれている成分の一部が金属の表層面に悪影響を及ぼすので塗布しないほうが良いのです。例えば今のコロナ禍での「消毒液」に含まれる「次亜塩素酸ナトリウム」は「金属面の腐食を促進する」ので塗布すると拙いのです。ドアノブやテーブルなどの消毒に 使ってコロナ禍で効果が期待できるのは「界面活性剤」のほうの話なので、混同すると逆効果です。

詳細は厚労省の「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」が詳しく解説しています。

↑【操作系の状態】(所有マウントアダプタにて確認)
・ヘリコイドグリースは「粘性:中程度+軽め」を使い分けて塗布し距離環や絞り環の操作性は非常にシットリした滑らかな操作感でトルクは「普通」人により「重め」に感じ「全域に渡り完璧に均一」です。
距離環を回すとヘリコイドのネジ山が擦れる感触が伝わる箇所があります
・ピント合わせの際は極軽いチカラで微妙な操作ができるので操作性は非常に高いです。
・絞り環操作も確実で軽い操作性で回せますが、クリック感の無い無段階式(実絞り)です。
【外観の状態】(整備前後関わらず経年相応の中古)
・距離環や絞り環、鏡胴には経年使用に伴う擦れやキズ、剥がれ、凹みなどありますが、経年のワリにオールドレンズとしては「超美品」の当方判定になっています (一部当方で着色箇所がありますが使用しているうちに剥がれてきます)。
当方出品は附属品に対価を設定しておらず出品価格に計上していません(附属品を除外しても値引等対応できません)。
・附属の純正前キャップは経年劣化進行により材が変色しています。

↑なかなかオーバーホール済で出回る事は希だと思うので(笑)、価格が価格ですが是非ともご検討下さいませ。

無限遠位置 (当初バラす前の位置に合致/僅かなオーバーインフ状態)、光軸 (偏心含む) 確認や絞り羽根の開閉幅 (開口部/入射光量) と絞り環絞り値との整合性を簡易検査具で確認済です。

もちろん光学系の光路長調整もキッチリ行ったので (簡易検査具によるチェックなので0.1mm単位や10倍の精度ではありません)、以下実写のとおり大変鋭いピント面を確保できました。電子検査機械を使ったチェックを期待される方は、是非ともプロのカメラ店様や修理専門会社様が手掛けたオールドレンズを手に入れて下さい当方の技術スキルは低いのでご期待には応えられません

↑本来は前キャップに限らずフィルターもフードも何もかもバヨネット式が必要なのですが、それらを一式揃えようとするといつになるか分かりません(笑) そこでちょっと細工してガシッとハメ込むことができるステップアップリングを別に用意しました。一度ハメ込むとそう簡単には外れません (どうしても外す場合はマイナスドライバーなどを隙間に挟み込まないと外せ ないくらい本格的にハマります)。

このステップアップリングは「バヨネット式ではなくて普通にネジ込み式の製品」のネジ山部分を当方で処置を施し、バヨネット部分にガシッと填まるように仕上げています。バヨネット式のモノはそれは純正品しか存在しないのでお間違いなきようお願い申し上げます

内径⌀52mmのフィルター枠ですから、一般的に市場流通している様々なフィルターにフード或いは前キャップなどが全て使えます。

【このステップアップリングは別途有償】
大変申し訳御座いませんが、ヤフオク! 出品ページには記載できないのでこのブログだけでのご落札者様1名様のみの限定特典になります。
一般的な「50→52mmステップアップリング」そのままでは使いモノにならないので当方にて細工しています。その作業料分として『1,500円』有償頒布とします (ご落札者様のみの特典/一般の方に販売しません)。

もしもご入り用の方はご落札後の一番最初の取引メッセージにてその旨お申し付け下さい ませ。ヤフオク! のご決済時に送料欄に加算してお支払い頂きます。

↑当レンズによる最短撮影距離45cm付近での開放実写です。ピントはミニカーの手前側ヘッドライトの本当に「球部分」にしかピントが合っていません (このミニカーはラジコンカーなのでヘッドライトが点灯します)。カメラボディ側オート・ホワイト・バランス設定はOFFです。

各絞り値での「被写界深度の変化」をご確認頂く為に、ワザと故意にピントはミニカーの手前側ヘッドライトの本当に電球部分に合わせています。決して「前ピン」で撮っているワケではありません。またフード未装着なので多少ハレーション気味だったりします。

↑絞り環を回して設定絞り値「f2.8」で撮影しています。

↑さらに回してf値「f4」で撮りました。

↑f値は「f5.6」に上がっています。

↑f値「f8」になりました。

↑f値「f11」です。

↑最小絞り値「f16」での撮影です。もうだいぶ絞り羽根が閉じきっている状態なのですが「回折現象」の影響を感じ取れないと言う高いポテンシャルを秘めた光学系です。

 回折現象
入射光は波動 (波長) なので光が直進する時に障害物 (ここでは絞り羽根) に遮られるとその背後に回り込む現象を指します。例えば、音が塀の向こう側に届くのも回折現象の影響です。
入射光が絞りユニットを通過する際、絞り羽根の背後 (裏面) に回り込んだ光が撮像素子まで届かなくなる為に解像度やコントラスト低下が発生し、眠い画質に堕ちてしまいます。この現象は、絞り径を小さくする(絞り値を大きくする)ほど顕著に表れる特性があります。

被写界深度
被写体にピントを合わせた部分の前後 (奥行き/手前方向) でギリギリ合焦しているように見える範囲 (ピントが鋭く感じる範囲) を指し、レンズの焦点距離と被写体との実距離、及び設定絞り値との関係で変化する。設定絞り値が小さい (少ない) ほど被写界深度は浅い (狭い) 範囲になり、大きくなるほど被写界深度は深く (広く) なる。