〓 mamiya (マミヤ光機) AUTO mamiya/sekor 55mm/f1.4 (black)《富岡光学製:後期型》(M42)

(以下掲載の写真はクリックすると拡大写真をご覧頂けます)
写真を閉じる際は、写真の外 (グレー部分) をクリックすれば閉じます
※解説とオーバーホール工程で使っている写真は現在ヤフオク! 出品中商品の写真ではありません

今回完璧なオーバーホールが終わって出品するモデルは、マミヤ光機製
標準レンズ・・・・、
 『AUTO mamiya/sekor 55mm/f1.4 black《富岡光学製:後期型》(M42)』です。


このモデルは筐体外装のカラーバリエーションとしてブラック/シルバー/ツートーンの3種類が存在しますが、当方での扱い累計本数は今回が9本目です。しかしその中でカビ除去痕が 少なくコーティング層の経年劣化状況も良いレベルを維持していたのは僅か3本しかありません。他の6本に関しては特に光学系後群の後玉表面側にコーティング層経年劣化に伴うクモリや汚れが順光目視で視認できる状況でした。

今回出品する個体も調達に際して特に後玉の状況確認を怠らずに手に入れたのですが、届いた個体は順光目視では確かにキレイに見えていても、LED光照射では後玉表面に経年相応のカビ除去痕が菌糸状を伴って全面に渡り浮かび上がる状況でした。おそらくメンテナンス時に清掃しており既にカビは除去されています。

おそらくこの当時の富岡光学製オールドレンズで、特にモノコーティングのタイプは、残念ながらコーティング層の耐性が限界に到達しており、コーティング層の経年劣化に伴うクモリや汚れ、或いはたいていの場合でカビ除去痕が残っている場合が多く「ハイリスクなモデル」の一つです。

その意味で富岡光学製の優れた描写性能に憧れて手に入れたいと願いつつも、現実として市場流通個体の多くが何かしら光学系の問題を抱えたまま流れていると言わざるを得ず、なかなか悩ましい現実です。

↑今回出品の個体を完全解体した時のパーツ全景写真です。オーバーホール工程の解説などは「AUTO mamiya/sekor 55mm/f1.4《富岡光学製:後期型》(M42)」のページをご参照下さいませ。

 

ここまで掲載したオーバーホール工程の写真は「全て過去扱い品/個体からの転載」です。オーバーホール済でヤフオク! 出品する際の個体写真とは一部に一致しない場合があります。

 

修理広告DOHヘッダー

ここからはオーバーホールが完了した出品商品の写真になります。

↑完璧なオーバーホールが終わっています。数多くのOEMモデルを製産していたこの当時の富岡光学製オールドレンズの中で、ワリと早い時期の1968年辺りからマミヤ光機向け供給されていたOEMモデルです。マミヤ光機ではこの直前の1964年までは世田谷光機製モデルを使っていたようです。

今回出品する個体は光学系の前後玉、特に後玉表面に菌糸状のカビ除去痕が全面に渡り残っており、シ〜ンによってはハレーションの出現率が高くなる懸念があります。また距離環を回すトルクは「重め」の印象に仕上がっており、これらを勘案した「即決価格」で設定しています。

↑光学系内の透明度が非常に高い状態を維持した個体です。LED光照射でもコーティング層経年劣化に伴う極薄いクモリすら皆無です。しかし残念ながら前後玉に経年相応のカビ除去痕が残っており、特に後玉表面側は菌糸状のカビ除去痕が全面に渡り残っています。

↑上の写真 (3枚) は、光学系前群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

ご覧のように順光目視でも拡大撮影しても、いずれもカビ除去痕を視認できませんが、LED光照射すると外周附近に集中的に菌糸状に浮かび上がります。

↑同様光学系後群もLED光照射でコーティング層経年劣化に伴う極薄いクモリが皆無なのですが、やはり後玉表面側に菌糸状に全面に渡るカビ除去痕がLED光照射で浮かび上がります。

↑上の写真 (3枚) は、光学系後群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

ご覧のように順光目視でも拡大撮影しても、いずれもカビ除去痕を視認できませんが、LED光照射すると後玉表面側に全面に渡り菌糸状のカビ除去痕が薄く浮かび上がります。特にシ〜ンによっては光源を含む場合や逆光撮影時にハレーションの出現率が高くなる懸念があるのでご留意下さいませ

【光学系の状態】(LED光照射で様々な角度から確認)
・コーティング劣化/カビ除去痕等極微細な点キズ
(経年のCO2溶解に拠るコーティング層点状腐食)
前群内:11点、目立つ点キズ:6点
後群内:17点、目立つ点キズ:11点
・コーティング層の経年劣化:前後群あり
・カビ除去痕:あり、カビ:なし
・ヘアラインキズ:あり(前後群内僅か)
(極微細で薄い3ミリ長が数本あります)
・バルサム切れ:なし (貼り合わせレンズあり)
・深く目立つ当てキズ/擦りキズ:なし
・光源透過の汚れ/クモリ (カビ除去痕除く):あり
前後玉表面にカビ除去痕が相応に残っておりLED光照射で極薄いクモリを伴い浮かび上がります
特に後玉表面は全面に渡り菌糸状に浮かび上がりますが、いずれも順光目視では視認できません
(LED光照射しないと視認不可能)
・その他:光学系内は微細な塵や埃が侵入しているように見えますが清掃しても除去できないCO2の溶解に拠る極微細な点キズやカビ除去痕、或いはコーティング層の経年劣化です。
後玉の状況から光源を含むシーンや逆光撮影時にハレーションの出現率が上がる懸念がありますが事前に告知済なのでクレーム対象としません

↑6枚の絞り羽根もキレイになり絞り環やA/M切替スイッチ共々確実に小気味良く駆動しています。絞り羽根が閉じる際は「完璧に正六角形を維持」したまま閉じていきます。

ここからは鏡胴の写真になりますが、経年の使用感が僅かに感じられるものの当方にて筐体外装の「磨きいれ」を施したので大変落ち着いた美しい仕上がりになっています。「エイジング処理済」なのですぐに酸化/腐食/錆びが生じたりしません。

↑【操作系の状態】(所有マウントアダプタにて確認)
・ヘリコイドグリースは「粘性:中程度+軽め」を使い分けて塗布し距離環や絞り環の操作性は非常にシットリした滑らかな操作感でトルクは「普通」人により「重め」に感じ「全域に渡り完璧に均一」です。
距離環を回すとヘリコイドのネジ山が擦れる感触が伝わる箇所があります
・ピント合わせの際は極軽いチカラで微妙な操作ができるので操作性は非常に高いです。
・絞り環操作も確実で軽い操作性で回せます。

【外観の状態】(整備前後関わらず経年相応の中古)
・距離環や絞り環、鏡胴には経年使用に伴う擦れやキズ、剥がれ、凹みなどありますが、経年のワリにオールドレンズとしては「超美品」の当方判定になっています (一部当方で着色箇所がありますが使用しているうちに剥がれてきます)。
当方出品は附属品に対価を設定しておらず出品価格に計上していません(附属品を除外しても値引等対応できません)。
・筐体の指標値環に1箇所打痕があります。

↑このマミヤ光機製「後期型」モデルは、市場での流通数がそれほど多いワケでもないので、手に入れようとしてもなかなか出回りません。さらに光学系の状態まで考慮すると1年にいったい何本くらいキレイな個体が流通するのかと言うレベルでなかなか悩ましいですね(笑)

無限遠位置 (当初バラす前の位置に合致/僅かなオーバーインフ状態)、光軸 (偏心含む) 確認や絞り羽根の開閉幅 (開口部/入射光量) と絞り環絞り値との整合性を簡易検査具で確認済です。

もちろん光学系の光路長調整もキッチリ行ったので (簡易検査具によるチェックなので0.1mm単位や10倍の精度ではありません)、以下実写のとおり大変鋭いピント面を確保できました。電子検査機械を使ったチェックを期待される方は、是非ともプロのカメラ店様や修理専門会社様が手掛けたオールドレンズを手に入れて下さい当方の技術スキルは低いのでご期待には応えられません

↑指標値環の1箇所に打痕が残っています (グリーンの矢印)。

↑当レンズによる最短撮影距離50cm付近での開放実写です。ピントはミニカーの手前側ヘッドライトの本当に「球部分」にしかピントが合っていません (このミニカーはラジコンカーなのでヘッドライトが点灯します)。カメラボディ側オート・ホワイト・バランス設定はOFFです。

各絞り値での「被写界深度の変化」をご確認頂く為に、ワザと故意にピントはミニカーの手前側ヘッドライトの本当に電球部分に合わせています。決して「前ピン」で撮っているワケではありません。またフード未装着なので多少ハレーション気味だったりします。

↑絞り環を回して設定絞り値「f2.0」で撮影しています。

↑さらに回してf値「f2.8」で撮りました。

↑f値は「f4」に上がっています。

↑f値「f5.6」での撮影です。

↑f値「f8」です。

↑f値「f11」での撮影です。

↑最小絞り値「f16」での撮影です。そろそろ「回折現象」の影響が現れ始めています。

 回折現象
入射光は波動 (波長) なので光が直進する時に障害物 (ここでは絞り羽根) に遮られるとその背後に回り込む現象を指します。例えば、音が塀の向こう側に届くのも回折現象の影響です。
入射光が絞りユニットを通過する際、絞り羽根の背後 (裏面) に回り込んだ光が撮像素子まで届かなくなる為に解像度やコントラスト低下が発生し、眠い画質に堕ちてしまいます。この現象は、絞り径を小さくする(絞り値を大きくする)ほど顕著に表れる特性があります。

被写界深度
被写体にピントを合わせた部分の前後 (奥行き/手前方向) でギリギリ合焦しているように見える範囲 (ピントが鋭く感じる範囲) を指し、レンズの焦点距離と被写体との実距離、及び設定絞り値との関係で変化する。設定絞り値が小さい (少ない) ほど被写界深度は浅い (狭い) 範囲になり、大きくなるほど被写界深度は深く (広く) なる。