〓 FUJI PHOTO FILM CO. (富士フィルム) FUJINON 55mm/f2.2《前期型》(M42)

(以下掲載の写真はクリックすると拡大写真をご覧頂けます)
写真を閉じる際は、写真の外 (グレー部分) をクリックすれば閉じます
※解説とオーバーホール工程で使っている写真は現在ヤフオク! 出品中商品の写真ではありません

今回完璧なオーバーホールか終わって出品するモデルは、フジカ製
標準レンズ・・・・、
FUJINON 55mm/f2.2《前期型》(M42)』です。


このモデルの当方での累計扱い本数は44本目にあたり、その中で「前期型」は15本目ですが、さらにその中で「光学系がスカッとクリアで透明な個体」となると「僅か8本」しかありません (今回出品個体がその8本目)。

今回出品する個体は残念ながら後玉にカビ除去痕が経年相応に残っており、特にLED光照射では一部の点キズ部分にカビの芯が白っぽく視認できる状況です (但し写真には一切影響なし)。

【FUJINON 55mm/f2.2にみる問題点】
光学系前後玉のカビ発生状況
光学系前後玉のコーティング層経年劣化状況
距離環を回すトルクの問題
筐体外装のヒビ割れ・欠損の状況

ザッと挙げるとこれだけ出てきますが、これら問題のうちが特にこのモデルで多く発生している症状です。調達時にどんなに掲載写真を拡大したり画像処理しても、なかなか正確な状況が掴めません。たいていの場合実際に届いて現物をLED光照射して初めて光学系内の状況が掴めるので、その意味でハイリスクなモデルの一つです。

そんな中で今回の個体も光学系の状態を最優先に調達したのでLED光照射でも極薄いクモリが皆無と言う状況ですが (後玉のカビ除去痕は前述のとおり残っている)、それを勘案した「即決価格」での出品です。

  ●               ● 

このモデルが販売されていた当時の背景や解説/考察などは、過去の掲載FUJINON 55mm/
f2.2《後期型》
(M42)』
をご覧下さいませ。

特にこのモデルの一番の魅力は、何と言っても旧東ドイツのMeyer-Optik Görlitz製オールドレンズに匹敵し得る「真円の美しいシャボン玉ボケを表出
させられる
」唯一の日本製オールドレンズと言えばご理解頂けるでしょうか。
(円形ボケ/玉ボケでもリングボケでもない正真正銘のシャボン玉ボケ)

↑今回出品の個体を完全解体した時のパーツ全景写真です。オーバーホール工程の解説などはFUJINON 55mm/f2.2《後期型》(M42)』のページをご参照下さいませ。

 

ここまで掲載したオーバーホール工程の写真は「全て過去扱い品/個体からの転載」です。オーバーホール済でヤフオク! 出品する際の個体写真とは一部に一致しない場合があります。

 

修理広告DOHヘッダー

ここからはオーバーホールが完了した出品商品の写真になります。

↑上の写真に並べた構成パーツは「固定板」を除いてすべてマウント部内部で使う構成パーツの一部です。「固定板」はヘリコイド (メス側) の縁にエンジニアリング・プラスティック製の「距離環」を固定する際に締付ネジで締め付け固定するのに同時に使うアルミ合金材の薄い板材です。

つまり締付ネジだけで締め付けるのではなく、この「固定板」の面積全体で締め付け固定する方式を採っているワケですが、過去メンテナンス者はこの「固定板」の使い方を全く考えずに単に締付ネジで止めただけでした。その為全部で「4箇所」にこの「固定板」を締め付け固定するのですが、使い方が拙かった為にエンジニアリング・プラスティック製の「距離環」に必要以上の抵抗/負荷/摩擦が掛かってしまい「トルクムラに至っていた」と言う不具合が発生していました。

何のことはありません(笑) 過去メンテナンスしたが為に却って不具合を助長する仕上がりに至っていたワケですね(笑) その結果さらに別の箇所にその影響が現れてしまい、不具合が不具合を呼んでいるような因果関係に陥っていたのです。

距離環」を回した時のトルクムラは最終的にヘリコイド (オスメス) のネジ山に影響を及ぼし、ネジ山の一部に「摩耗」を生じさせてしまいました。たかが「固定板」如きの締め付けをミスっただけですが、その結果はヘリコイドのネジ山を摩耗させてしまうと言う大きな問題点へと繋がっていたワケです。

如何ですか?(笑)

確かに過去メンテナンス時の話なのでしょうが、これがプロの整備者が行った所為の結果でもあります。いったい何の為にメンテナンスしているのでしょうか???

たかが「固定板」かも知れませんがちゃんと「使い方」があるワケで、その「観察と考察」を蔑ろにしているからこのような問題に結びついてしまいます。プロと崇められている整備者なのかも知れませんが、当方から見ればどうしようもない整備者にしか見えませんね(笑)

上の写真でその他のパーツはすべてマウント部内部の構成パーツなのですが、グリーンの矢印で指し示した箇所は過去メンテナンス時に整備者の手により「故意に曲げ/変形」させられていました。

例えば「捻りバネ」は左右にハの字型に広がっている棒状部分の左右どちらをどのように曲げると「どのようなチカラが強まって影響する」のかを知っている人の手による仕業です (本来製産時点は曲げのない直線状)。

同様「操作爪」の左右の固定板のどちらをどのように曲げると「どんな結果に至るのか」を知っており、それを目的として処置されています (本来製産時点は左右が同じ角度)。

逆に言うと、どうして当方が「製産時点の状態を知っているのか???」と言う疑問が湧くと思いますが(笑)、それは「知っているのではなく原理原則からそう明言できる」話なのです。

もう一つのパーツ「連係アーム」も水平を維持しておらず途中から捻りを入れてあり曲がっていました (製産時点は水平/平坦な状態)。

これらの事柄/過去メンテナンス時の整備者の手による所為から、過去のメンテナンス時点で既に「絞り羽根の開閉異常」が発生していたことが掴めます。「完全開放しなかったのか」或いは「最小絞り値まで閉じきらなかったのか」不明ですが、何かしら絞り羽根の開閉に問題が起きていた事は明白ですね(笑)

それをごまかす為にこれらパーツに手を加えたのが実情です。

さらにもっとハッキリ言うなら、今回の個体をバラした当初「白色系グリース」がヘリコイドに塗られていました。つまり「絞り羽根の開閉異常」はフィルムカメラに装着した時に起きるのではなく「マウントアダプタで起きていた」事だったのが分かりますね(笑)
(何故ならフィルムカメラでの撮影時は絞り連動ピンが最後まで押し込みきらないから)

極最近数年内でのメンテナンスで施された所為なのがバレてしまったと言う話です(笑)

このような「ごまかしの整備」が今でも横行しているのが現実である事を、是非とも皆さんも認識して頂きたいと思いますね。今ドキの整備会社でも同じ行為が行われ続けている事を是非とも知って頂きたい。このようないい加減な整備をしていて「どうしてプロと言えるのか?」プロではない当方から見れば本当に腹立たしい話です。

↑完璧なオーバーホールが終わりました。もちろん当方が行うオーバーホールは「DOH」なので、決してごまかしの整備ではありませんね(笑)

今回のオーバーホールで言えば、ヘリコイドグリースはヘリコイド (オスメス) のネジ山にしか塗っていません (他の部位には例え絞り環でも一切塗っていない)。しかも使っているヘリコイドグリースは「白色系グリース」ではなく「黄褐色系グリース」です。

何故なら、製産されていた時代の1970年代に使われていたであろう製産メーカーのヘリコイドグリースは「黄褐色系グリース」だからです (白色系グリースは極最近現れたグリース種別)。

過去メンテナンス時に手を加えられてしまった前述の各構成パーツは「当方の手により再び本来あるべき姿/カタチに戻して」からちゃんと使用しました(笑)

過去メンテナンス時にマウントアダプタ装着時に絞り羽根が正しく機能しなかった問題は、そもそもこのモデルの (マウント面から飛び出ている)「絞り連動ピン」が最後まで押し込まれ続けることを想定していない設計だからです (フィルムカメラの時代はシャッターボタン押し込みの瞬間だけ押し込まれるから)。

絞り連動ピンを最後まで押し込みきってしまう「ピン押し底面タイプのマウントアダプタ」が登場したのは、つい最近の事ですョね?(笑) 従ってこのモデルが設計された当時は「絞り連動ピンが押し込まれ続けることを想定していない」設計なのが自明の理です。

だとしたらではどうやって対応すれば良いのか?

原理原則」に則り別の部位でちゃんと微調整すれば対応できるワケです。それが面倒くさいから、或いは下手すれば「分からないから」ごまかしの手を加えて仕上げていたワケですね(笑)

ここまで徹底的に過去のメンテナンス時の整備者の行為を責めるのは、そのメンテナンスが何十年も前の話ではなく最近だからです。「白色系グリース」を使っているのも一つの証拠ですが、今までに扱った同型モデル44本の中で「実に43%の個体の構成パーツに手が加えられている」のが当方のデータで記録している結果だからです。

↑光学系内の透明度が非常に高い状態を維持した個体です。LED光照射でもコーティング層経年劣化に伴う極薄いクモリが皆無です。残念ながら後玉表面側にだけ経年並みにカビ除去痕が極微細な点状として残っています (一部はLED光照射で白っぽい芯として浮かび上がる)。

↑上の写真 (3枚) は、光学系前群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

↑光学系後群側も透明度が高くLED光照射でも極薄いクモリが皆無です。ポツポツと「極微細な点キズ」の箇所はLED光照射すると白っぽいカビの芯 (カビ除去痕) として浮かび上がります。

↑上の写真 (3枚) は、光学系後群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

【光学系の状態】(LED光照射で様々な角度から確認)
・コーティング劣化/カビ除去痕等極微細な点キズ
(経年のCO2溶解に拠るコーティング層点状腐食)
前群内:13点、目立つ点キズ:8点
後群内:18点、目立つ点キズ:14点
・コーティング層の経年劣化:前後群あり
・カビ除去痕:あり、カビ:なし
・ヘアラインキズ:あり(前後群内僅か)
(極微細で薄い2〜7ミリ長が数本あります)
・バルサム切れ:なし (貼り合わせレンズなし)
・深く目立つ当てキズ/擦りキズ:なし
・光源透過の汚れ/クモリ (カビ除去痕除く):なし
・その他:光学系内は微細な塵や埃が侵入しているように見えますが清掃しても除去できないCO2の溶解に拠る極微細な点キズやカビ除去痕、或いはコーティング層の経年劣化です。
・光学系内を反射させて覗くと一部に清掃時の拭き残しに見える痕がありますがコーティング層経年劣化に伴う剥離部分なのでLED光照射しても視認できず清掃しても除去できません(写真にも影響は一切無し)。
・後玉の表面側に経年相応なカビ除去痕が数箇所残っておりパッと見で極微細な塵/埃に見えますが清掃しても除去できません。
・光学系内の透明度が非常に高いレベルです。
・いずれも全て実写確認で写真への影響ありません。

↑5枚の絞り羽根もキレイになり絞り環共々確実に駆動しています。絞り羽根か閉じる際は「完璧に正五角形を維持」したまま閉じていきます。

ここからは鏡胴の写真になりますが、経年の使用感が僅かに感じられるものの当方にて筐体外装の「磨きいれ」を施したので大変落ち着いた美しい仕上がりになっています。「エイジング処理済」なのですぐに酸化/腐食/錆びが生じたりしません。

↑【操作系の状態】(所有マウントアダプタにて確認)
・ヘリコイドグリースは「粘性:中程度+軽め」を使い分けて塗布し距離環や絞り環の操作性は非常にシットリした滑らかな操作感でトルクは「普通」人により「重め」に感じ「全域に渡り完璧に均一」です。
・距離環を回すとヘリコイドのネジ山が擦れる感触が伝わる箇所があります。
・ピント合わせの際は極軽いチカラで微妙な操作ができるので操作性は非常に高いです。
・絞り環操作も確実で軽い操作性で回せます。
・マウント面に「開放測光用の爪」が1mm程突出しています。一般的なM42マウントのフィルムカメラやマウントアダプタ経由デジカメ一眼/ミラーレス一眼に装着する際は、ご落札者様ご自身で「開放測光用の爪」を切削して対応をお願い申し上げます(当方で切削しません)。
そのままネジ込んでいくと突き当たってしまい最後までネジ込めません。その結果無限遠位置がズレて無限遠合焦しませんしキズなどがつく原因になります(クレーム対象としません)
・エンジニアリング・プラスティック製の指標値環にはヒビ割れが1箇所あります(一部補修済)。

【外観の状態】(整備前後関わらず経年相応の中古)
・距離環や絞り環、鏡胴には経年使用に伴う擦れやキズ、剥がれ、凹みなどありますが、経年のワリにオールドレンズとしては「超美品」の当方判定になっています (一部当方で着色箇所がありますが使用しているうちに剥がれてきます)。
当方出品は附属品に対価を設定しておらず出品価格に計上していません(附属品を除外しても値引等対応できません)。
・附属の中古フィルターは清掃済ですが微かな拭きキズなどが残っています(実用レベルでキレイ)。

↑全ての構成パーツが金属製ならもう少し気に入った仕上げ方で組み上がるのですが「一部の構成パーツがエンジニアリング・プラスティック製」だと仕方ありません。まして作っていた富士フィルムはここまで何度も整備して使い続けられるとも想定していなかったと思います(笑)

しかしその描写性として、この独自の「4群4枚フジノン型光学系」から吐き出される大変美しいシャボン玉ボケは、特にこの当時の日本製オールドレンズの中にあっても「ことさら希少価値が高い表現性」だと明言できます。逆に言えば旧東ドイツのMeyer-Optik Görlitz製オールドレンズに匹敵し得る唯一の日本製モデルとも言えるのではないでしょうか

当方の認識としてはそれほどまで評価が高いモデルと受け取っています。

↑中古フィルター (拭きキズなどあり) と共に純正の前後キャップが附属します。

↑マウント面にある (実際は絞り環の縁にある)「開放測光用の爪」は切削せずにそのまま残してあります (グリーンの矢印) から、この当時のフジカ製フィルムカメラに装着して機能を働かせて使うことができますが、逆に今ドキのデジカメ一眼/ミラーレス一眼などにマウントアダプタ経由装着される場合は「必ずご自分で切削」下さいませ (以前切削していた頃に突起が存在した四角い痕跡が残っていると文句付けた人が居るので当方ではやりません)。

一部のマウントアダプタは、オールドレンズ側のマウント面に突出があるので、そのまま最後までネジ込んで使える場合があります (つまりマウントアダプタの相性問題が顕在します)。K&F CONCEPT製マウントアダプタの「新型」或いはRayqual製マウントアダプタなどはそのまま最後までネジ込みができるタイプです。

↑当方が所有している以下のマウントアダプタについて、実際に今回の出品個体を装着した状態を掲載します。特に K&F CONCEPT製マウントアダプタは2千円台で出回っているので、安価ですから手に入れるのも良いと思います。

RAYQUAL製マウントアダプタ (日本製)
K&F CONCEPT製マウントアダプタ (中国製)

両方ともオールドレンズ側のマウント面に「1mm強の突出」が用意されているので (グリーンの矢印)、今回出品の個体をネジ込んでいっても引っ掛かる事が無く、ちゃんと最後までネジ込めるワケです。

なお、共に「ピン押し底面の深さ」は「6mm」です (ブルーのラインの深さ)。

RAYQUAL製マウントアダプタに今回の出品個体を装着した時の写真です。ちゃんと最後までネジ込めて、且つブルーの矢印のとおりオールドレンズ側の基準「●」マーカー位置がマウントアダプタの真上の位置にほぼ合致しています。

↑こちらは K&F CONCEPT製マウントアダプタの装着状況を撮った写真です。同様、ちゃんと最後までネジ込めて、且つブルーの矢印のとおりオールドレンズ側の基準「●」マーカー位置がマウントアダプタの真上の位置にほぼ合致しています。

このようにマウントアダプタ装着時の問題なども当方では可能な限り出品前に事前に検証し、ご落札者様がお使い頂く際に問題なくご使用頂けるよう配慮しているつもりですが、然しながら信用/信頼が無いとの事なので(SNSでそのような評判らしい)(笑)、過信は禁物かも知れませんね(笑)

一応ウソを言っていないつもりなのですが(笑)、信じられないようなので装着例の写真を撮って載せました(笑)

無限遠位置 (当初バラす前の位置に合致/僅かなオーバーインフ状態)、光軸 (偏心含む) 確認や絞り羽根の開閉幅 (開口部/入射光量) と絞り環絞り値との整合性を簡易検査具で確認済です。

もちろん光学系の光路長調整もキッチリ行ったので (簡易検査具によるチェックなので0.1mm単位や10倍の精度ではありません)、以下実写のとおり大変鋭いピント面を確保できました。電子検査機械を使ったチェックを期待される方は、是非ともプロのカメラ店様や修理専門会社様が手掛けたオールドレンズを手に入れて下さい当方の技術スキルは低いのでご期待には応えられません

↑当レンズによる最短撮影距離60cm付近での開放実写です。ピントはミニカーの手前側ヘッドライトの本当に「球部分」にしかピントが合っていません (このミニカーはラジコンカーなのでヘッドライトが点灯します)。カメラボディ側オート・ホワイト・バランス設定はOFFです。

この実写はミニスタジオで撮影していますが上方と右側方向からライティングしています。その関係でフードを装着していない為に絞り値の設定によりハレ切りが不完全なまま撮影しています。一応手を翳していますがハレの影響から一部にコントラスト低下が出てしまうことがあります (簡易検査具による光学系検査を実施済で偏心まで含め光軸確認は適正/正常)。

↑絞り環を回して設定絞り値「f2.8」で撮影していますが、絞り環の刻印は単なる「●」だけです。

↑さらに回してf値「f4」で撮影しました。

↑f値は「f5.6」に変わっています。

↑f値「f8」になりました。

↑f値「f11」です。

↑最小絞り値「f16」での撮影です。「回折現象」の影響が現れ始めています。

 回折現象
入射光は波動 (波長) なので光が直進する時に障害物 (ここでは絞り羽根) に遮られるとその背後に回り込む現象を指します。例えば、音が塀の向こう側に届くのも回折現象の影響です。
入射光が絞りユニットを通過する際、絞り羽根の背後 (裏面) に回り込んだ光が撮像素子まで届かなくなる為に解像度やコントラスト低下が発生し、眠い画質に堕ちてしまいます。この現象は、絞り径を小さくする(絞り値を大きくする)ほど顕著に表れる特性があります。