〓 mamiya (マミヤ光機) AUTO mamiya/sekor 50mm/f2 (silver)《後期型》(M42)

(以下掲載の写真はクリックすると拡大写真をご覧頂けます)
写真を閉じる際は、写真の外 (グレー部分) をクリックすれば閉じます
※解説とオーバーホール工程で使っている写真は現在ヤフオク! 出品中商品の写真ではありません

今回完璧なオーバーホールが終わって出品するモデルは、マミヤ光機製
標準レンズ・・・・、
 『AUTO mamiya/sekor 50mm/f2《後期型》(M42)』です。


ネット上でこのモデルの案内を見ていると、巷では同じ富岡光学製OEMモデルのRICOH製「XR RIKENON 50mm/f2《前期型/後期型》(PK)」と似た画造りの印象を持つ方が多いようです。

俗に「和製ズミクロン」或いは「プアマンズズミクロン (貧者ズミ クロン)」などと揶揄されている廉価版モデルですね (左写真)(笑)

確かに同じ富岡光学製の同一焦点距離/開放f値となれば、近しい描写でも文句は言えないように思いますが、実はXR RIKENONの発売は1978年でありRICOHの一眼レフ (フィルム) カメラ「XR500」用セットレンズとして登場しました。ところが今回扱うmamiyaのモデルは1968年の登場なので、凡そ10年の開きがありますから、はたして似たような写りになるのか興味が 湧きますね (ちなみに共にモノコーティングモデル)。

  ●               ● 

1966年にマミヤ光機から初めて発売された「M42マウント」の一眼レフ (フィルム) カメラが「1000TL/500TL」になり、セット用標準レンズとして「AUTO MAMIYA-SEKORシリーズ」が用意されました (左写真は1000TL)。

パッと見で見落としがちですが、実はレンズ銘板のモデル銘が一般的に現在市場で流通しているタイプとは異なります。つまり「MAMIYA-SEKOR」表記であり「mamiya/sekor」ではありません。これがこの当時のマミヤ製オプション交換レンズ群の中で「初期型/後期型」の最も見分けやすい特徴です。「後期型」が「mamiya/
sekor
」ですね。

この時の取扱説明書をチェックすると、用意されていたセット用標準レンズ群は「f1.4/f1.8/f2.0」の3種類で「f1.2」が存在しないことになります。

この時の標準レンズ群は全てマミヤ製モデルとしては「初期型」になります。

カタログに記載されている図からトレースした構成図が右図で、4群6枚の典型的なダブルガウス型です。前述のRICOH製標準レンズ「XR RIKENON 50mm/f2《前期型/後期型》(PK)」と同じ光学系構成ですが、XR RIKENONの第1群 (前玉) 外径サイズは「⌀27.5mm」です。

一方今回扱うmamiya製のほうは「⌀32.2mm」ですから、約5mm近くもmamiyaのほうが大口径と言えます。

今回扱った「後期型」モデルの構成図が右図になり、同じ4群6枚ダブルガウス型構成ながらも第1群 (前玉) から厚みも曲率も設計が変わって
おり、再設計していたことが分かります。

するとXR RIKENONとは同一焦点距離/開放f値となれば、大口径である分入射光制御に余裕があり、それが描写性の違いとして現れるとも考えられますから、そのような一面もチェックしてみるのも同じ富岡光学製となればまたオモシロイかも知れません。はたして10年の開きはどのような結果として現れるのか。

【モデルバリエーション】
オレンジ色文字部分は最初に変更になった諸元を示しています。

初期型:1966年発売

光学系:4群6枚ダブルガウス型構成
レンズ銘板:AUTO MAMIYA-SEKOR
筐体色:シルバーのみ
最短撮影距離:50cm
フィルター枠径:⌀ 52m

後期型:1968年発売

光学系:4群6枚ダブルガウス型構成
レンズ銘板:AUTO mamiya/sekor
筐体色:シルバー/ブラック
最短撮影距離:50cm
フィルター枠径:⌀ 52m

後期型:1968年発売

光学系:4群6枚ダブルガウス型構成
レンズ銘板:AUTO mamiya/sekor
筐体色:シルバー/ブラック
最短撮影距離:50cm
フィルター枠径:⌀ 52mm

↑今回出品の個体を完全解体した時のパーツ全景写真です。オーバーホール工程の解説などは「AUTO mamiya/sekor 50mm/f2 (black)《後期型》(M42)」のページをご参照下さいませ。

 

ここまで掲載したオーバーホール工程の写真は「全て過去扱い品/個体からの転載」です。オーバーホール済でヤフオク! 出品する際の個体写真とは一部に一致しない場合があります。

 

修理広告DOHヘッダー

ここからはオーバーホールが完了した出品商品の写真になります。

↑完璧なオーバーホールが終わりました。このモデルで撮影する時、ピントの山が掴みにくいモデルなので、しかもピントのピークがほんの一瞬ですから「距離環を回すトルクが重いと使い辛くて仕方ない」という問題に悩まされます。

左写真は当初バラし始めて解体した後、ヘリコイド (オスメス) と基台について溶剤で洗浄する前に撮った写真です。

するとご覧のように過去メンテナンス時に塗布されているヘリコイドグリースが経年劣化進行に伴い「液化」して附着しているように見えます。

ところが、実はこれは古いグリースが液化しているのではなく以下の経緯を経たことが、この古いグリースを指で触ったりして確認すると判明します (見ただけではなかなか判定まで到達しません)。

一番古い時代の過去メンテナンス時に「黄褐色系グリース」塗布
近年 (5〜6年のスパン) に二度目のメンテナンスで「白色系グリース」塗布
さらに直近で「潤滑油」を注入されている

・・とこんな感じで、都合3回に渡って手を加えられている個体であることが判明します。

すると、左写真でそれぞれ色違いの矢印で指し示していますが、オレンジ色矢印が一番古い「黄褐色系グリース」が残っている箇所であり、次に塗布された「白色系グリース」はグレーの矢印です。さらに最後の「潤滑油」がグリーンの矢印で示しています。

このように古いグリースを一切溶剤で洗浄せずに、その上から新しいグリースを塗り足す整備を「グリースの補充」と言う表現で今現在も多くの整備会社、或いは整備者により執り行われている手法です。

しかしはたして本当にこれが正しいのでしょうか???(笑)

確かに「黄褐色系グリース/白色系グリース」も、或いはもっと言えば「潤滑油」さえも工業製品の分類として捉えれば「潤滑剤」に一括りでまとめられます。

ところがグリース業界の方にお話しをお聞きしたところ「まず成分/添加剤などが異なる
いわゆる種別の違うグリース同士は混ぜて使わない
」との事であり、至極納得です。

従って「グリースの補充」と表現する場合、それすら「古いグリースを洗浄して完全除去後に新たに同一種別のグリースを塗布する」のが本来の適切な「潤滑剤」の使用方法らしいです。

つまりオールドレンズの整備会社や整備者が言っているところの「グリースの補充」は、そもそも意味も手段も何もかも不適切である事が判明しています。

自分達で勝手に都合の良い手法を考え、それに「尤もな理由をこじつけている」だけの酷い話です(笑)

ちなみに今回の個体は既に「白色系グリース」の経年劣化が進行しており、且つそれに「潤滑油」が加えられてしまった為に、化学反応を起こして「粘性を帯びた状態」でベトベトした 感じに陥っていましたから、おそらくこの後1〜2年でヘリコイド (オスメス) のネジ山が癒着してしまい「カジリ付」で二度と回せなくなり (解体できなくなり)「製品寿命」に至っていたと考えられます。

はたして本当にそんな整備でも皆さんは納得/満足したままお使いなのでしょうか?

プロでもない当方にとってはその辺のボーダーラインが掴めませんが、大多数の皆さんの指示があるからこそいまだにそのような「グリースに頼った整備」が横行しているのは間違いありません。

従って、バカのひとつ覚えのように当方のような「DOH」にこだわって完全解体してまで施している整備の手法は・・極少数の方々にのみ認知されるレベルの話なのでしょう(笑)

↑光学系内の透明度が非常に高い状態を維持した個体ですが、残念ながら最後の最後「後玉 (表面側)」に経年並みのカビ除去痕が「凡そ半分の領域」で残っており、順光目視ではほぼ視認できませんがLED光照射でチェックすると「極薄いクモリ」を伴ったカビ除去痕なのが分かります。

従って光源を含むシ〜ンや逆光撮影時にはハレーションの発生率が高くなる事が予測できますから、ご留意下さいませ (事前告知済なのでクレーム対象としません)。

上の写真は撮影時に僅かにズレてしまったので光学系内 (の光学硝子部分) が真円に写っていませんが(笑)、現物は問題なく真円状態です。

↑上の写真 (3枚) は、光学系前群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

↑光学系後群側も透明度が高いのですが、前述のとおり残念ながら後玉表面側に経年並みのカビ除去痕が残っています (極薄いクモリを伴う)。

↑上の写真 (3枚) は。光学系後群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが微細すぎて全部写りませんでした。

【光学系の状態】(LED光照射で様々な角度から確認)
・コーティング劣化/カビ除去痕等極微細な点キズ
(経年のCO2溶解に拠るコーティング層点状腐食)
前群内:12点、目立つ点キズ:7点
後群内:20点以上、目立つ点キズ:16点
・コーティング層の経年劣化:前後群あり
・カビ除去痕:あり、カビ:なし
・ヘアラインキズ:あり(前後群内僅か)
(極微細で薄い3ミリ長が数本あります)
・バルサム切れ:なし (貼り合わせレンズあり)
・深く目立つ当てキズ/擦りキズ:なし
・光源透過の汚れ/クモリ (カビ除去痕除く):あり
(後玉表面側に約半分の領域でLED光照射で浮き上がるカビ除去痕とそれに附随する極薄いクモリがあります)
・その他:光学系内は微細な塵や埃が侵入しているように見えますが清掃しても除去できないCO2の溶解に拠る極微細な点キズやカビ除去痕、或いはコーティング層の経年劣化です。
・光学系内の透明度が非常に高いレベルです。
後玉の状況から光源を含むシーンや逆光撮影時にハレーションの出現率が上がる懸念がありますが事前に告知済なのでクレーム対象としません

↑絞り羽根もキレイになり絞り環やA/M切替スイッチ共々確実に駆動しています。絞り羽根が閉じる際は「完璧に正六角形を維持」したまま閉じていきます。

ここからは鏡胴の写真になりますが、経年の使用感が僅かに感じられるものの当方にて筐体外装の「磨きいれ」を施したので大変落ち着いた美しい仕上がりになっています。「エイジング処理済」なのですぐに酸化/腐食/錆びが生じたりしません。もちろんフィルター枠などの「クロームメッキ部分も光沢研磨済」なので、とても艶めかしい光彩を放っています。

↑【操作系の状態】(所有マウントアダプタにて確認)
・ヘリコイドグリースは「粘性:中程度+軽め」を使い分けて塗布し距離環や絞り環の操作性は非常にシットリした滑らかな操作感でトルクは「普通」人により「軽め」に感じ「全域に渡って完璧に均一」です。
・距離環を回すとヘリコイドのネジ山が擦れる感触が伝わる箇所があります。
・ピント合わせの際は極軽いチカラで微妙な操作ができるので操作性は非常に高いです。
・絞り環操作も確実で軽い操作性で回せます。

【外観の状態】(整備前後関わらず経年相応の中古)
・距離環や絞り環、鏡胴には経年使用に伴う擦れやキズ、剥がれ、凹みなどありますが、経年のワリにオールドレンズとしては「超美品」の当方判定になっています (一部当方で着色箇所がありますが使用しているうちに剥がれてきます)。
当方出品は附属品に対価を設定しておらず出品価格に計上していません(附属品を除外しても値引等対応できません)。
・フィルター枠外壁に1箇所引っ掻きキズあります。

↑フィルター枠部分の「クロームメッキ (鏡面仕上げ)」にブライトブラックの距離環、マットな「ホワイトシルバーの梨地仕上げ」が相まり、とても気品に満ちた風格であり、実は当方が一番好きなパターンの配色だったりします(笑)

もちろん外観ばかり良くても眺めているだけの話になってしまうので(笑)、ちゃんと「鋭いピント面」になるよう簡易検査具を使いつつチェックして仕上げています (当初は甘い印象の写り方)。それだけに「後玉のカビ除去痕」か惜しい限りですが(泣)、一般的な撮影では影響を受けないレベルではあります。

距離環を回すトルクはギリギリ「普通軽め」の印象で、特に過去メンテナンス時の「白色系グリース」や「潤滑油」などのせいでヘリコイドネジ山の摩耗が進んでおり「ザラつき感」を伴うトルク感ですが、当方が好んで使っているヘリコイドグリースが「黄褐色系グリース」なのもあり、余計に「ヘリコイドネジ山の状態がそのまま指に伝わる」のが欠点でもあります。

詰まるところ「低い技術スキル」なのであり、さらにヤフオク! では信用/信頼が無いままなので (評価をご覧頂ければ分かります)(笑)、できましたらプロのカメラ店様や修理専門会社様が扱っている出品商品をご検討頂くのが良いと思います

無限遠位置 (当初バラす前の位置に合致/僅かなオーバーインフ状態)、光軸 (偏心含む) 確認や絞り羽根の開閉幅 (開口部/入射光量) と絞り環絞り値との整合性を簡易検査具で確認済です。

もちろん光学系の光路長調整もキッチリ行ったので (簡易検査具によるチェックなので0.1mm単位や10倍の精度ではありません)、以下実写のとおり大変鋭いピント面を確保できました。電子検査機械を使ったチェックを期待される方は、是非ともプロのカメラ店様や修理専門会社様が手掛けたオールドレンズを手に入れて下さい当方の技術スキルは低いのでご期待には応えられません

↑当レンズによる最短撮影距離50cm付近での開放実写です。ピントはミニカーの手前側ヘッドライトの本当に「球部分」にしかピントが合っていません (このミニカーはラジコンカーなのでヘッドライトが点灯します)。カメラボディ側オート・ホワイト・バランス設定はOFFです。

この実写はミニスタジオで撮影していますが上方と右側方向からライティングしています。その関係でフードを装着していない為に絞り値の設定によりハレ切りが不完全なまま撮影しています。一応手を翳していますがハレの影響から一部にコントラスト低下が出てしまうことがあります (簡易検査具による光学系検査を実施済で偏心まで含め光軸確認は適正/正常)。

↑絞り環を回して設定絞り値「f2.8」で撮影しています。

↑さらに回してf値「f4」で撮りました。

↑f値は「f5.6」に変わっています。

↑f値「f8」での撮影です。

↑f値「f11」です。そろそろ「回折現象」の影響が現れ始めています。

 回折現象
入射光は波動 (波長) なので光が直進する時に障害物 (ここでは絞り羽根) に遮られるとその背後に回り込む現象を指します。例えば、音が塀の向こう側に届くのも回折現象の影響です。
入射光が絞りユニットを通過する際、絞り羽根の背後 (裏面) に回り込んだ光が撮像素子まで届かなくなる為に解像度やコントラスト低下が発生し、眠い画質に堕ちてしまいます。この現象は、絞り径を小さくする(絞り値を大きくする)ほど顕著に表れる特性があります。

↑最小絞り値「f16」での撮影です。