オーバーホール/修理ご依頼受付フォーム


以下、必要事項ご入力の上「入力内容確認ボタン」を押してご確認後送信下さいませ。
折り返し当方より2日以内にご返事します (当方所在地:千葉県)。

★★★ 受け付けは11月度が最終になります (12月度無し) ★★★

  ●                 

【10月度オーバーホール/修理受付可能本数】

今月10月度のオーバーホール/修理ご依頼を募ります

 10 月度 受付可能本数 (合計):6本
受  付  済  (本日現在到着分):17本

残り(本日現在受付可能数):+11本

《 現 在 受 付 中 》
※来月最終なので今月は締め切りません。

  ●                 

《オーバーホール/修理をお受けしないメーカー》

当方は修理専門業者ではありませんが、2010年よりオーバーホール/修理の
受け付けを実施して参りました。10年経過しますが技術スキルの向上には
至らず、オーバーホール/修理をご依頼頂く皆様にはご期待を裏切る結果に
繋がり、本当に申し訳御座いませんでした。

改めてお詫び申し上げます・・。

皆様からたくさん頂きましたクレームを真摯に受け止め、オーバーホール/
修理の受け付けをやめる事にしました。
(誹謗中傷メールの送信はどうかご勘弁下さい)
数多くの未経験モデルをご依頼頂きましたが故に、当方にとっては大変貴重
な体験に繋がりましたこと、ここに改めてお礼申し上げます。
ありがとう御座いました。

来年度より普通のヤフオク! 出品者として頑張りますので、また今後とも
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

※一般的な整備/作業を求められる方は修理専門会社様宛ご依頼下さいませ。
(当方の整備/内容は違うのでオーバーホール/修理カテゴリーでまとめています)

 ライカ/ライツ製オールドレンズは専用特殊工具が必要であり、内部構成パーツの交換も
一部モデルで必要になるため原則として取り扱いできません。

 コシナ製オールドレンズはZeiss/VOIGTLÄNDERブランドも含め一切取り扱いません。
コシナサービスにご依頼下さいませ。ご依頼頂いてもご辞退申し上げます。

 Canon製オールドレンズは専門の修理会社様がありますので、そちらをご利用下さいませ。
(参考:株式会社ヒガサカメラサービス様など多数御座います)

 Nikon製オールドレンズは専門の修理会社様がありますので、そちらをご利用下さいませ。
(参考:有限会社フォト工房キィートス様など多数御座います)

 Cマウントのオールドレンズ扱いを取りやめます。内部構造がバラバラで当方の技術
スキルでは対応できそうもないので今後ご依頼をご辞退申し上げます。

CONTAX / YASHICA (C/Y) マウントのオールドレンズ取り扱いを一部やめます。
 旧西ドイツ製 / 日本製の別に限らず一部モデルの扱いをご辞退申し上げます。

T/T2マウントのオールドレンズ扱いをやめます。ご依頼頂いてもご辞退申し上げます。

《現在の作業進捗状況》

※現在8月度到着ご依頼受付分 (順番待ち8名様) の作業を順次進めています。
完了次第9月度ご依頼分3名様の作業に入ります。
10月度ご依頼受付分の返却は、11月中旬〜11月末 (1カ月待ち) の予定です。
 (本会員の方はさらに1カ月遅延する場合もあります)

  ●                 

現在ヤフオク! にて「清掃済/整備済」を謳って出品されているオールドレンズがありますが、そのオールドレンズの不具合やトルク改善などを当方宛オーバーホール/修理のご依頼されてもお断り申し上げます。それらオールドレンズを整備した出品者に直接ご依頼下さいませ。
(当方がオーバーホール済で出品したオールドレンズの再整備は当然ながら承ります)

今まではそれらオールドレンズの不具合や揮発油成分の滲み出し、或いは距離環を回すトルク改善 (シャリシャリ感/トルクムラの解消) などを年間数本 (累計11本:全て同一出品者) 承っていましたが、現在ヤフオク! で「清掃済/整備済」を謳って出品しているそれらオールドレンズの殆どは、当方が使用する「黄褐色系グリース」とは異なるグリースを塗布しています。その条件下で組み上げられ出品していたオールドレンズですから、そもそもご落札時の状態を当方が保証する責務を負いません (当方がクレームを受ける謂われがありません)。

例えば「白色系グリース」を多量に塗布していた場合トルクムラなどが相殺されますが、当方がメインで使う「黄褐色系グリース」はヘリコイドのネジ山の状態に神経質な性質の為、逆により明確にトルクの感触が指に伝わります (当方は微量の塗布が原則)。

逆に言えばそれら累計11本の同一出品者が整備した個体は、全てご落札から僅か1年〜2年の経過でバラした時に内部に揮発油成分が、液化状になって相当量附着していました (このような現況は当方には信じられない話です/何の為に整備しているのか)

それらは当方のオーバーホール方針、或いは「DOH」とは相容れぬ「グリースに頼った整備」であり、今後はオーバーホール/修理のご依頼をご辞退申し上げます。

なお、同時に『解体新書』コーナーの受付も終了とし新たに掲載もしません。但し、海外オークションebayなどで整備済を謳っているオールドレンズのオーバーホール/修理ご依頼分は、今後も引き続き変わらずお受け致します (安心してご落札下さい)
純粋に1年〜数年で油染みが酷くなる整備を平気でやっているそれらヤフオク! の出品者がキライなだけです

  ●                 

 会員種別:初めて登録する方は希望する会員種別をお選び下さい ※必須項目

 会員番号:初めて登録する方は「new」と入力下さい※必須項目

 返信先メールアドレス: ※必須項目

 お名前様: ※必須項目

 ご依頼内容:希望する作業をお選び下さい ※必須項目

 オールドレンズの状態: ※必須項目
オールドレンズの現状 (本体の状況) をお知らせ下さい。


(正常:現状全く問題無し、不具合あり:調整で正常になると期待、ジャンク:正常に戻らない)

 メーカー銘: (例:CARL ZEISS JENA DDR) ※必須項目

 モデル銘: (例:MC FLEKTOGON 35mm/f2.4) ※必須項目

 マウント種別: (例:M42) ※必須項目

 希望する距離環のトルク感: ※必須項目 (参考であり調整結果を確約はできません)

 レンズの装着方法: ※必須項目

 入手の経緯:差し支えなければ入手された経路をご案内下さい

 ご依頼の内容: ※必須項目

 参照ページ:写真掲載ページなどの参照ページがあればご入力下さい


 オーバーホール/修理の注意事項 (特約事項)」を読み承知しました:
※必須項目 (チェックを入れて下さい)

 「納期」について承知しました: ※必須項目 (チェックを入れて下さい)


《ご依頼受付フォーム送信後の流れ》

会員登録可否も含め、当方より2日以内に「概算見積」をご返事します。

返信をお読み頂き、お手数ですが再度「正式依頼」のメール送信をお願い申し上げます。

【 お 願 い 】

当方は修理専門業者ではありません。全てのご連絡はメール授受で行います。
当方メールアドレスが着信するよう迷惑メールの設定などをご確認下さいませ。
(特に@gmail.com/@icloud.com/@hotmail.com等プロバイダーはご留意下さい)

また、返却時は梱包箱の中に「請求書/振込先/作業内容書」等の類を一切同梱しません。
(メールでご請求/作業報告致します)
ご請求代金に係る領収書も発行しません (振込明細を以て代用下さい)。それら対応を
希望される方は、誠に申し訳御座いませんがご依頼頂かぬよう切にお願い申し上げます。
(プロのカメラ店様や修理専門会社様宛ご依頼されることを強くお勧め致します)
※これらの内容は「オーバーホール/修理の注意事項 (特約事項)」でご案内しています。