◎ Asahi – Kogaku (旭光学工業) Takumar 58mm/f2.4(M37→M42)

 

(以下掲載の写真はクリックすると拡大写真をご覧頂けます)
写真を閉じる際は、写真の外 (グレー部分) をクリックすれば閉じます

今回完璧なオーバーホールが終わって出品するモデルは、旭光学工業製標準レンズ『Takumar 58mm/f2.4 (M37→M42)』です。

このブログを開設した当時 (3年前) にオーバーホールした上で「Takumar」シリーズをまとめてヤフオク! に出品したところ、全く人気が無く、最終的に赤字で終わったと言う苦い経験があります(笑) スッカリ懲りてしまい、それ以降「Takumar」シリーズには手を出さなくなりました。今回出品するモデルも、オーバーホール/修理などではもう何本も扱っていますが、ヤフオク! への出品は今回が2回目になります。

1957年に旭光学工業から発売されたフィルムカメラ「Asahiflex II」用のセットレンズとして用意された標準レンズの中の一つです。マウントの仕様がネジ山径「M37」なのですが、フランジバックは「M42」と同じ「45.46mm」になります。素のまま (つまりM37のまま) ではフィルムカメラでしか使えないので、敢えて「M37→M42変換リング」を調達し装着しての出品になります。

素の状態で無限遠位置を確認したところ予想どおりオーバーインフが酷く距離環指標値2目盛分ズレていました。また、今回装着した「M37→M42」変換リング自体も、商品としての精度がそれほど高いモノではありません (おそらく中国製) ・・装着したところ約1mm弱ほどネジ山の長さが足りない (つまり1/4周ほどネジ込みが足りていない) ようなので、必然的にフランジバックにもズレが生じてしまいます。
従って、今回のオーバーホールでは「M37→M42」変換リングを装着した状態で無限遠位置の調整を執り行うことが前提として作業を執り行いました。ちなみに、このモデルには距離環側に「無限遠位置調整機能」が装備されていないので (この当時のオールドレンズはほとんど装備されていない)、純粋にヘリコイドのネジ込み位置をズラすことでフランジバックの調整を行い、最後に微調整として「シム環」と言うスペーサーのような環 (リング/輪っか) を鏡胴「前部」と「後部」の間に挟み込んで適正な無限遠位置に調整するしか手がありません・・実際、バラしたところ、過去のメンテナンス時に薄い「シム環」が1枚セットされていました (それが挟まっていても大幅なオーバーインフ状態と言うことになる)。今回は「M37→M42変換リング」を装着した上で、シム環による微調整も執り行い、最終的に僅かなオーバーインフ (1目盛分ほど手前) に仕上げてあります。

今回、このモデルを扱おうと考えたのは、独特な光学系と、そこから吐き出される楽しい写真に魅力を感じたからです。そうは言っても、さすがにフィルムカメラ全盛時代に於いては、それほど評価が高かったワケではないと思いますが (当方は基本的に興味が無かったので、フィルムカメラの時代を全く知りません)、今ドキのデジカメ一眼やミラーレス一眼にマウントアダプタ経由装着すると、何ともカメラボディ内のフィルタ処理だけでは醸し出せない素晴らしいレトロチックな写真が撮れたりしますから、オモシロイです。
特に今回のモデルは、開放「f2.4〜f2.8」辺りの収差バシバシの中で撮った写真と、一絞り絞った「f4〜f5.6」辺りのバランス感が出てきた時の描写性、さらには「f8」以降のカッチカチな写りなど、それこそ逆光耐性の良し悪しや光源 (或いは木漏れ日など) との兼ね合いを含めると、なかなか使い出のある大変魅力的なモデルです。

光学系は3群5枚の変形ヘリアー型とのお話がネット上では多いですが、一部の先生からご案内頂いている「Oxyn (オクシン) 型」と捉えるのが正しいように感じます。それはネット上の解説で「テッサー型の前玉に1枚追加」と言う案内がされていることがありますが、1枚追加したと言っても、それは貼り合わせレンズ (2枚の光学硝子レンズを接着剤を使って貼り合わせてひとつにしたレンズ群) として設計しているワケですから、単純に1枚付け足しただけではない効果を狙った設計だったハズと考えます。従って「テッサー型の前玉に1枚追加」と書かれてしまうと、根本的に違うような気がするので、ここはやはり「Oxyn型」転じて「変形ヘリアー型」とでも表現したほうがシックリ落ち着くような気がします (実際、追加したのは前玉の次の2枚目/平凸レンズだと考えるので・・)。なお、Flickriverにてこのモデルの実写を検索してみましたので興味がある方はご覧下さいませ。

オーバーホールのため解体した後、組み立てていく工程写真を解説を交え掲載していきます。すべて解体したパーツの全景写真です。

↑ここからは解体したパーツを使って実際に組み立てていく工程に入ります。このモデルは鏡胴が「前部」と「後部」の二分割になるオールドレンズなので、構造化と構成パーツは点数も少なく簡単なモデルに見えますが、組み上げ手順が少々変わっているのと、無限遠位置の調整のコツを理解しているか否かが正しく組み上げが完了するかどうかを左右する厄介なモデルです。ところで、上の写真白紙の中央に置かれている「異様なモノ」は絞り羽根です・・。

↑前出のパーツ全景写真で「異様なモノ」と案内していた絞り羽根ですが、当方では「手裏剣」と呼んでいます(笑) 如何にも刺さったら痛そうなカタチですが、実は絞り羽根を取り外すと (おそらく) もう二度と機能しなくなると推測できることから、絞り羽根の「絞り羽根開閉幅制御環」から外さずに、絞り羽根を広げて撮影しているので「手裏剣」のように見えています。

↑絞り羽根には必ず表裏に「キー」と言う箇所が存在し、それぞれ「位置決めキー」「制御キー」の役目を担っています。

  • 絞り羽根の位置決めキー (後玉側):
    絞り羽根が刺さる位置 (固定位置) を確定させているキー
  • 絞り羽根の制御キー (前玉側):
    絞り環操作に伴い設定された絞り値まで絞り羽根の角度を変更する役目のキー

・・ということになります。オールドレンズによっては、絞り羽根の表裏に一つずつではなく、片側に集中的に2つのキーが集まっている場合もあれば、キーの役目として「穴」を使った設計の場合もあります (必ず突出しているワケではない)。しかし、キーが無い絞り羽根は存在せず、且つ必ず2つ備わっています・・それは、絞り羽根の向きを変えるのに1箇所が固定されていないと角度を変えようがないからですね。

↑このモデルの絞り羽根を取り外したくない理由が上の写真をご覧頂くと分かります。絞り羽根を反対側 (上の写真では絞り羽根の裏側) から十字型にプレッシングして切り込みを入れ、同時に折り曲げて4枚の羽根を用意しています。この4枚の羽根が「絞り羽根開閉幅制御環」に用意されている「穴」に刺さり、折り返されることで固定されます (従って上の写真では既に4枚の羽根が折れ曲がっている)。

逆に言うと、この4枚の羽根のうち1枚でも欠損してしまうと「キー」として機能しなくなり (3枚だと外れてしまうから)、いきなり製品寿命に至る結末になります。非常に薄く弱い羽根なので、折れて欠損したら修復のしようがありません。それゆえ、絞り羽根を外したくないのです (怖い)。

絞り羽根に金属製の突起棒を打ち込んで「キー」とする設計が、この後すぐに登場し普及しますが、それまでの極短い期間日本国内のオールドレンズに多く採用されていたキーの方式です。そもそもは、終戦後の充分な素材 (金属) と産業機械が用意できずに、厳密な精度を保証する環境が整っていなかった頃の苦肉の策だったのではないかと推測しています・・何故ならば、既にヨーロッパでは戦前から金属製の突起棒による「キー」を装備したオールドレンズが多数出回っていたので、当時の日本の光学メーカーが知らなかったハズは無いからです。もっと言えば、人件費を気にする時代にもまだ至っていなかったハズなので、コスト削減に拘る必要性も薄かった時期だと考えられますから、たかが絞り羽根のキーのお話ですが、こうやってよ〜く観察するとロマンを膨らませることができますね(笑)・・オールドレンズ、なかなか奥が深くて楽しい製品です (外から見ただけでは一切判らないお話ですが)。

↑絞りユニットや光学系前後群を格納する鏡筒ですが、このモデルは鏡胴「後部」側にヘリコイドが配置されているので、ヘリコイド (オス側) は鏡筒とは別に存在します。鏡筒には絞り羽根が刺さる「キー用の溝」が用意されており、この溝が「絞り羽根の位置決め」の役目になっています。

前述の「絞り羽根開閉幅制御環」が絞り環と連動して回る環 (リング/輪っか) なので、プレッシングで用意されている「4枚の羽根」は絞り羽根の角度を変えるための「制御キー」と言うことになります。一方、鏡筒側に用意している「溝」は、絞り羽根の位置を確定させる目的なので、絞り羽根の「位置決めキー (後玉側)」が入る溝だと分かりますね・・。

ここで、相応の整備スキルを持っている人ならばピ〜ンと来るハズです・・「位置決めキー (後玉側)」は細長い長方形のカタチをしているキーなのですが、絞り環と連動して回っているのは「制御キー」の4枚の羽根のほうになり「絞り羽根開閉幅制御環」に固定されたままです (つまり絞り羽根は回るだけで位置は固定のまま)。絞り環を回して設定絞り値が変化すると、それに伴い絞り羽根は徐々に閉じていきますが、絞り羽根の向きが変わっていくと言うことは、その分「位置決めキー」側がスライドしないと絞り羽根は外れてしまいますョね? この「原理原則」に気がつかなければイケマセン。それゆえ「位置決めキー」側のカタチが細長い長方形に設計されていたワケです。従って、10枚の絞り羽根全ての「位置決めキー」が平坦な状態になっていないと、この「溝」の中で引っ掛かってしまい、絞り羽根の駆動が滑らかではなくなってしまいますし、下手すれば抵抗/負荷が架かり反対側の「制御キー」である4枚の羽根が欠損してしまう危険性もあります。10枚の絞り羽根をチェックしたところ、2枚の「位置決めキー (後玉側)」が平坦ではなかったので平に戻しています・・当初バラす前のチェック時に、絞り環操作時に微かな引っ掛かりを感じていた犯人を突きとめた次第です。オールドレンズを整備する際は、常に「観察と考察」が必須ですね(笑)

そもそも生産時には平坦であったハズの「位置決めキー (後玉側)」が、経年の間に変形してしまう理由は何でしょうか??? 答えは「油染み」です。油染みが生じてヒタヒタ状態に陥いると「絞り羽根同士の癒着」が発生します (絞り羽根同士が液化した揮発油成分に拠り互いにピタリと吸いつく現象)。すると一切固定されていない「位置決めキー (後玉側)」側が引っ張られて外れそうになります (つまり絞り羽根が弧を描いて膨れあがる現象)。そんな現象がオールドレンズの内部で発生しているとは一切気がつかない所有者は、そのまま平気で絞り環操作を続けます。すると、外れかかった「位置決めキー (後玉側)」は強いチカラを受けながらも無事に「溝」に戻るのですが、その際に溝の縁に引っ掛かり変形に至ります。つまり、今回の個体で発生していた2枚の「位置決めキー変形」から、過去に一度は油染みによムリなチカラが絞り羽根に及んでいた事実が判明します・・恐ろしい。
たかが絞り羽根の油染みかも知れませんが、反対側の「制御キー (前玉側)」の4枚の羽根が1枚でも折れてしまったら、絞り環を回した時に絞り羽根が出てきてしまい、撮影に支障を来します・・残念ながら、そうなったら修復することはできず「製品寿命」に至ります。今までにオーバーホール/修理を承った個体の中で、そのような状態に陥っていた個体が1本ありました。ご依頼者の方には思い入れがあったオールドレンズだったようで、相当残念がっていらっしゃいました(泣) 実際は、その個体は応急処置を施し、取り敢えずは正常駆動するように戻ったのですが、近い将来的に再び絞り羽根が脱落しないと言う保証は一切ありません (あくまでも応急処置ですから)。従って、この方式の設計で作られている絞り羽根の場合は「油染み厳禁」と考えたほうが良いでしょう。1950年代前半辺りのオールドレンズで、総真鍮製のモデルは疑ってかかったほうが良いかも知れません・・。

↑この状態で鏡筒を立てて撮影しました。光路長の関係から相当な深さの鏡筒です。このモデルは一般的なオールドレンズの組み立て手順とは異なり、まだ絞りユニットを組み込んでいないにも拘わらず、ここで先にプリセット絞り機構部を組み付けていきます。

↑「プリセット絞り環」と「プリセット絞り制限環」をそれぞれ鏡筒の下からネジ込んでいき、適正な箇所で固定します・・最後までネジ込んでしまうと正しく機能しなくなってしまいます。この部位の組み上げに関しては「プリセット絞り」の仕組みを理解している人でなければ、まず正しく組み上げることはできないでしょう (撮影時のプリセット絞り環の操作ではなく、オールドレンズ内部のプリセット絞り機構部の仕組み/設計のことです)。
今回のモデルはクリック感を伴うプリセット絞り環操作になりますから、同時に「ベアリング+板バネ」も3セット分組み付けなければイケマセン・・当然ながら、「」マーカーと「プリセット絞り環」の絞り指標値との位置が適正にならなければ、完成した後でクリック感がチグハグになったりして違和感を感じることになります。

↑上の写真の解説のとおり、このモデルにはプリセット絞り環用として3箇所に「ベアリング+板バネ」が均等配置されています。実は、プリセット絞り環は、そのすぐ直下の「プリセット絞り制限環」により位置が固定されるので、ベアリングを3個も使って中空で「プリセット絞り環」を保持させる必要性が一切ありません。おそらく確実な保持を狙った設計だったのだと推測しますが、結果的に「プリセット絞り環」を回す際に、ガチガチした操作性の印象に仕上がってしまうのは否めません。正直「ベアリング+板バネ」は1セットの設計で充分対応できたのではないかと考えます (そうすればもっと滑らかな操作性だったかも知れません)。設計上、3個のベアリングを必要としているので2個を外してしまうとトルクムラが生じますから、そのまま3個のベアリングを使って組み込んだ次第です (つまり少々シッカリした操作性のままです)。

なお、絞りユニットはここでようやく鏡筒内にセットできるようになります。「C型環」を使って絞りユニットを固定し滑らかに回ることを確認しておきます。

↑絞り環をセットします。この後は光学系前後群を組み付ければ鏡胴「前部」が完成したことになるので、この後は鏡胴「後部」の組み立て工程に移ります。

↑上の写真はマウント部 (真鍮製) になりますが「Ι」マーカーが刻印されています。

↑このモデルのほとんどの内部構成パーツは真鍮製なのですが、ヘリコイドのネジ山カジリ付を防ぐ目的で「ヘリコイド (メス側)」のみアルミ材削り出しで用意されています。無限遠位置のアタリを付けた場所までネジ込みます。最後までネジ込んでしまうと無限遠が出ません (合焦しません)。

↑無限遠位置のアタリを付けた正しいポジションでネジ込みます。このモデルでは全部で11箇所のネジ込み位置があるので、さすがにここをミスると最後に無限遠が出ず (合焦せず) 再びバラしてここまで戻るハメに陥ります。

実は、このモデルはヘリコイドのネジ山が、ネジ切りがフツ〜のオールドレンズとは真逆になっており、ヘリコイドを繰り出すと鏡筒が収納され (つまり無限遠位置に近づく)、ヘリコイドを収納すると鏡筒が繰り出されて最短撮影距離に近づきます。これは光学系の設計上、光路長を稼ぎながらも、同時に筐体サイズをコンパクトに造りたかったと言う設計方針が見えてきます。ワザワザネジ切りを逆方向に設計してきた理由は、当時このオールドレンズが標準レンズとしてセットされる対象だったフィルムカメラ「Asahiflex II」とのバランス的な問題でコンパクト化に拘ったのかも知れません。外見からは一切分からない事実ですが、ヘリコイドのネジ山の方向の違いからも、このような当時の背景にロマンが膨らみますね(笑)

この後は完成している鏡筒「前部」を組み込んで無限遠位置確認・光軸確認・絞り羽根開閉幅の確認をそれぞれ執り行い (それぞれ「解説:無限遠位置確認・光軸確認・絞り羽根開閉幅確認について」で解説しています)、最後にレンズ銘板をセットすればいよいよ完成です。

修理広告

DOHヘッダー

ここからはオーバーホールが完了した出品商品の写真になります。

↑ヤフオク! などでも時々出回っているモデルですが、1万円台の落札価格が多いでしょうか・・よくネット上の解説で「M37→M42」変換リングを装着するだけでフランジバックが同じだからフツ〜に使えると案内されていますが、そうなのでしょうか?(笑) まぁ、オーバーインフ量が多くても無限遠撮影しない方には関係ないお話なので、そのような案内なのかも知れません。

↑光学系内の透明度が非常に高い個体です。LED光照射でも極薄いクモリすら「皆無」です (但し、カビ除去痕は数箇所あります)。また、第1群 (前玉) の貼り合わせレンズはコバ部分 (光学硝子レンズの側面/切削面) がコバ塗膜の浮きが生じており、無数の白点状になっていますが改善はできません (写真にも影響しません)。

↑上の写真 (3枚) は、光学系前群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが、1枚目〜2枚目の写真に少々目立つ (深い) キズ (2mm長と4mm長) が2本写っています・・第1群貼り合わせレンズの裏面縁側にある細線キズですが、写真には一切影響しません。

↑光学系後群も非常に透明度が高い状態をキープしています。「M37→M42変換リング」を固着剤を流し込んで締め付け固定しています。マウントアダプタやフィルムカメラにムリなチカラを架けて装着すると外れてしまう懸念がありますのでご留意下さいませ。

↑上の写真 (4枚) は、光学系後群のキズの状態を拡大撮影しています。すべて極微細な点キズを撮っていますが、3枚目はワザと第4群のコーティング層のハガレを、分かり易いように故意に光に反射させた状態で誇張的に撮影しています (現物は視認しにくいです)。これもコーティング層のハガレなので写真には影響しません (硝子面のキズではないのでLED光照射でも視認できません)。なお、カビに関する解説を「解説:カビの発生と金属類の腐食/サビについて」に掲載していますので、興味がある方はご覧下さいませ。

【光学系の状態】(順光目視で様々な角度から確認)
・コーティング劣化/カビ除去痕等極微細な点キズ:
前群内:8点、目立つ点キズ:5点
後群内:11点、目立つ点キズ:7点
・コーティング層の経年劣化:前後群あり
・カビ除去痕:あり、カビ:なし
・ヘアラインキズ:あり
・バルサム切れ:無し (貼り合わせレンズあり)
・深く目立つ当てキズ/擦りキズ:あり
・光源透過の汚れ/クモリ (カビ除去痕除く):皆無
・その他:光学系内は微細な塵や埃が侵入しているように見えますが実際はカビ除去痕としての極微細な点キズです (清掃しても除去できません)。
光学系内の透明度が非常に高い個体です
・光学系内には複数の「気泡」がありますが、当時は正常品としてそのまま出荷されていました。
・いずれもすべて写真への影響はありませんでした。

↑この当時のモデルは、まだ「カーボン仕上げ」の絞り羽根を装備しているので、赤サビが生じていましたがキレイに除去しています。いまだにネット上では「鉛筆の芯を塗 (まぶ) すと良い」などと案内されていることがありますが(笑)、それは同じ「カーボン」だからと言うことだと思います。しかし、いくら同じだとしても、絞りユニット自体は光学系前後群の間に位置しているワケで、塗した鉛筆の芯の削りカスが剥き出しの光学系内に附着しないとは言い切れません・・最悪、経年の揮発油成分に拠り削りカスがコーティング層に固着してしまい、そこからコーティング層の腐食を促す結果に至ります。そもそも生産時に「カーボン粉」などを塗していないワケですから、塗して良いハズがありませんョね?(笑) 10枚の絞り羽根もキレイになり確実に駆動しています。

ここからは鏡胴の写真になります。経年の使用感をあまり感じさせないとてもキレイな状態を維持した個体ですが、絞り環と距離環の間には複数箇所に「擦りキズ」が付いています。筐体外装は当方による「光沢研磨」を施したので、当時のような艶めかしい光彩を放っています。

↑【操作系の状態】(所有マウントアダプタにて確認)
・ヘリコイドグリースは「粘性:中程度」を塗布しています。距離環や絞り環の操作はとても滑らかになりました。
・距離環を回すトルク感は「普通〜軽め」で滑らかに感じトルクは全域に渡り「完璧に均一」です。
・ピント合わせの際は極軽いチカラで微妙な操作ができるので操作性は非常に高いです。
・M37→M42変換リングを固着剤を使い締め付け固定させていますが装着時に強くネジ込んだりするとマウントアダプタ側やカメラボディ側に填ってしまう、或いは変換リングが外れる原因になるのでご留意下さいませ。

【外観の状態】(整備前後拘わらず経年相応の中古)
・距離環や絞り環、鏡胴には経年使用に伴う擦れやキズ、剥がれ、凹みなどありますが、経年のワリにオールドレンズとしては「超美品」の当方判定になっています (一部当方で着色箇所がありますが使用しているうちに剥がれてきます)。

↑このモデルの魅力は、何と言っても楽しい描写性にあります! デジカメ一眼やミラーレス一眼でマウントアダプタ経由使える、今だからこそのありがたいモデルになりましたね。この当時のオールドレンズの収差が、逆に「味」として捉えられると言う、誠に幸せな時代になりました。是非ともご活用頂きステキなお写真をたッくさんお撮り下さいませ!

なお、M42マウントアダプタやフィルムカメラにネジ込む際は「Ι」マーカー位置が真上ではなく、少々過ぎた位置で停止します。これは「M37→M42変換リング」のネジ山仕様ですので改善できません。また、今回出品個体は、ヘリコイドのネジ込み位置を故意にズラし、且つ内部の「シム環」の厚み調整も行い「M37→M42変換リング」装着状態を前提にした無限遠位置合わせを施しています (1目盛分ほどオーバーインフ状態)。

↑絞り環と距離環の間には複数箇所に上の写真のような「擦れキズ」が付いています (光沢研磨しても除去できません)。

↑当レンズによる最短撮影距離60cm附近での開放実写です。ピントはミニカーの手前側ヘッドライトの本当に「球部分」にしかピントが合っていません (このミニカーはラジコンカーなのでヘッドライトが点灯します)。

↑絞り環を回して設定絞り値「f2.8」で撮影しています。

↑さらに絞り環を回してF値「f4」で撮りました。

↑F値は「f5.6」になっています。

↑F値「f8」になりました。

↑F値「f11」で撮影しています。

↑F値「f16」です。

↑最小絞り値「f22」になります。